大きな頭が御祭神なの?!広島 大頭神社

神社と滝が一緒に楽しめるパワースポット!

目次

・大頭神社って大きな頭が御祭神?!
・大頭神社へのアクセス

・子供も喜ぶマイナスイオン溢れる滝
・ユキさんの御朱印チェック!

・ユキさんのつぶやき

大頭神社って大きな頭が御祭神?!

今回紹介するのは滝のある大頭神社です。広島県廿日市市大野にある大頭神社は御祭神大山祇命、国常立命、佐伯鞍職命(厳島神社初代神職)が鎮座されています。

大頭神社って大きな頭の偉い人が祀られてるの?

『日本書紀』の中では、伊邪那岐命(いざなぎのみこと)が火之迦具土神(ひのかぐづち)を斬るときに、その首が大山祇命、身中が中山祇命(椎宮神社)、手が麓山祇命(三鎗社)、腰が正勝山祇命、腹が奥山祇(原神社)となり、首から頭の大山祇命を祀った神社を大頭神社としたと書かれているようです。

大頭神社ってなってたから、頭の大きい私を知ってて祀られているのか?!と1人妄想色々してしまいましたが。頭の大山祇命を祀った神社の事なのねとなぜか少し残念な気持ちになってしましました(笑)本題に戻りましょう(笑)入口には大きな石の鳥居と横には妹背の滝と彫られた石碑があります。

鳥居をくぐると左手に社務所があります。社務所にはインターフォンがありますが、扉が網戸にしてあったので勇気を出して「すみませーーん!御朱印が欲しいのですが」と声をかけてみました。感じのいい方が出てこられました(*´Д`)さて本殿ですが、少し歩きますよ。

けして大きくはない本殿ですが、物々しい雰囲気を感じます。本殿の横道に滝へ行く道があります。少し山道を歩くと見えてきますよ。

大頭神社へのアクセス

大頭神社
住所:広島県廿日市市大野5357 電話:0829-55-0378
URL http://www.ogashira.jp/

公共交通機関では
JR山陽本線 大野浦駅下車 徒歩20分

車では
国道2号線から
大野支所北交差点を大野インター方面」へ進んで、直進する。
高速山陽道から
大野ICから県道289号線へ

子供も喜ぶマイナスイオン溢れる滝

山道を歩くと見えてくるのが妹背の滝です。妹背の滝 は二つの夫婦滝の総称で、大頭神社の境内を流れる毛保川(けぼがわ)に雄滝、またその支流の谷川に雌滝があります。

上、右下雄滝で左下が雌滝です。

雄滝では人が傍に行けますので夏になると人が多く滝修行の真似事で遊んだり、水遊びができます。小さな子供さんには所々深い場所や石の上を歩くところがあるので、必ず一緒に遊んでくださいね(*^^*)小さな魚もいますよ。周りは砂地があるのでシートを引いたり出来ます。ゴミは各自で持ち帰ります。夏場はかなり混むので早めに行くか時間をずらして14時か15時から行くのがいいのかなと思いました。ちなみにうちは15時過ぎて行ったので少なかったですよ。

ユキさんの御朱印チェック!

さっそく私が一番気になる書体チェックのお時間です。まずは今回頂いたご朱印をじっくり見てください。参拝と日付は楷書でかかれてますね。メインは現代書体ぽく【大】の字が大きくかかれてます。書かれた方の特徴っぽいです。イメージ的には蛇かな。

ユキさんのつぶやき

滝と神社が一緒にあるのは珍しく、滝の近くに行けたのでマイナスイオンをしっかり感じにましたよ。うちの子達もキャッキャッと遊んでました(^^♪家族で楽しめ御朱印ももらえて一石二鳥でした!季節を気にすることなく楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA