四十肩の改善体操を行った結果は?

体操してるのに激痛が治らないのはなぜ?

四十肩改善体操を10日間してみた結果

前回のブログにて病院でもらったリーフレットに書いてあった改善体操を始めました。痛さもありましたが、ゆっくりと10回ずつ行いました。かなりの運動不足だったようで、10回ずつでもしんどかったです。肩の方はほんの少しですが、ほぐれたような感覚になりました。タオルが無くてもいいのかなと最初思いましたが、それではちゃんと上げれないし、
補助の役割になってくれるのでやりやすかったです。2~5日目くらいまでは運動不足がたったせいでかなり疲れ痛かったですが、6日目からはイタ気持ちいいに変化しつつありました。肩がほぐれる気持ちよさも感じられるようになりました。
しかし激痛はなかなかよくなりません。体操を始めて1週間で良くなるわけではありませんでした。それでもさらに10日間すると少し肩に変化がありました。

結果見えると嬉しいものですね(*^^*)激痛は変わらなくとも痛みに耐えながら運動した結果です。
わかりにくいでしょうが、この少しの差はとても大きいのです。

改善体操しているのに激痛はなぜ治らない?!

それから1週間コツコツ続けていましたが、やはり痛みが和らぐことはありませんでした。そこでちょっと知り合いのリハビリ等出張で行ってる方に聞いてみました。激痛のいきさつから病院で診断受けたことや運動していることを一通り話して肩の動き等を見てもらった時に2点言われました。

1.痛いときは炎症をしているということなので、痛くない程度の可動域で運動する
2.肩甲骨を意識して肩を回すことようにしてする。

おお!なんてことでしょう。痛くない程度の可動域で運動するのですね。少々の痛みを我慢して運動をしていた私にはちょっと拍子抜けしました。そして肩甲骨を意識して肩を回すですが、自分では出来てるつもりだったのですが全然できてなかったようです(笑)そこで教えてもらったやり方では体を動かしても良いので肩甲骨を回すというやり方でした。
痛みが薄れてきたらしっかり運動すればいいと言われました。というわけで、早速痛くない程度の可動域と肩甲骨を意識して運動することにしました。

その成果はまた次記事にて報告します。

ユキさんのつぶやき

3日坊主になることもなく半月ほど続いております。痛みは変わらずですが身体がほぐれる感覚があるのがわかったので。相当の運動不足だったなあと感じてます。歳をとってる実感も改めて感じました。まだまだたくさんしたいことがあるので老化なんてふっ飛ばさなければ!

 

改善体操のやり方を改善した結果・・へとつづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA